カテゴリー: 未分類

【野球】打撃指標の相関関係を調べたみた

野球を語るにセイバー指標を取り上げることが当たり前になってきた昨今だが、実際にセイバー指標はどの程度信頼できるのだろうかを確認したいため、よく使われている打撃指標について、各々が得点力といかに相関関係があるかを調べてみた。

 

データの対象としたのはセリーグ6チーム×6年(2011~2016年)。

36チームの年度毎の各指標とチーム総得点を調べ、それぞれを相関係数で表す。信頼出来る測定を行うにあたってサンプル数36では明らかに足りないが、大凡の関係性は分かるだろうと判断。調べんのめんどくさいし。

相関係数の詳細な算出方法については略とするが、共分散の積分したものを標準偏差の積で除するものである。この辺りは統計学。勉強したことって意外なところで生きてきたりするんだよね。まぁ今はCORRELの呪文を唱えたら後はExcelが全部やってくれる。便利。細かいことは分からん。

 

なお、各指標データを調べるにあたっては「プロ野球ヌルデータ置き場 様(http://lcom.sakura.ne.jp/NulData/index.html)」から参考とさせて頂きました。毎度お世話になっております。

 

それでは先に対象とした各指標について簡潔に記しておく。

・打率

・本塁打

・打点

 

・出塁率

=(安打 + 四球 + 死球) ÷打席数。

犠打犠飛を凡打として計算しているのでバントの多い選手は不利。

 

・長打率

=(短打×1+二塁打×2+三塁打×3+本塁打×4)÷打数

=(安打数×1+二塁打×1+三塁打×2+本塁打×3)÷打数

長打を打つ確率と勘違いしている人も少なくないが全く別物である。1打席における塁打数への期待値を表したもの。

 

・OPS

=出塁率+長打率

お手軽計算の割に信頼性の高い指標。

打者としての力量を測る上で最も使い勝手の良い指標である。

 

・GPA

=(1.8×出塁率)+長打率

OPSは出塁率の評価が低すぎるということで出塁率の比重を上げた修正版OPS。MLBではOPSより信頼性が高いとされる。

 

・RC

打者の得点能力を表した指標。単純な打撃成績だけでなく敬遠や走塁能力も加味されているためタイプの異なる選手のついても平等に比較出来る。

計算方法が若干ややこしいため計算式は割愛。ういきぺでいあさまによると(出塁能力 × 進塁能力)/ 出塁機会だって。ふーん。

 

・XR

計算式は異なるがコンセプトはRCと同じ。同じく計算式割愛。

短打とか二塁打とか三振とか凡打とか、各打撃結果の成績を細分化。それぞれ比重に応じた係数をかけ、全て足し合わせたもの。説明むずかしいから気になる人いたらぐぐってね。

 

 

それでは本題に入る。各指標について得点との相関係数をまとめて記す。

打率:0.724120

本塁打:0.849486

打点:0.997033

出塁率:0.832037

長打率:0.948757

OPS :0.970983

GPA :0.961410

RC :0.971851

XR :0.950752

 

調べていく上でまず驚かされたのがOPSの相関性の高さである。信頼に足る指標だと理解していたつもではあったが、走塁を考慮しておらず、計算式に理論的な裏付けが薄いこの指標が0.97という非常に高い数値を掲出するとは想像だにしていなかった。特に修正版OPSという位置付けであるGPA以上に1に近しい値になるいう結果はなんとも皮肉である。これについてはサンプル数を拡大し再度調査をしてみなければ正確なことは言えないが、元来MLBで開発された指標である故にNPBでは算出に用いる係数を再考する必要があるのかもしれない。勿論この程度の数字ならば誤差ということも十分に考えられる。

いずれにせよ、この結果だけを見ればOPSは得点力を測るのには十分な指標であることが示された。

 

次に出塁率に着目する。相関係数は0.83だが、これは打率の0.72に比べて15%以上も相関性が高いという結果である。個人タイトルのない出塁率重視の打者は年俸が高騰しないのでマネーボール型と呼ばれたりするが、選手を比較する上で打率と出塁率、どちらを重視するべきなのかは明白である。

ただ、出塁率は長打率に比べて劣っている指標であることも確認された。    GPAでは出塁率に重きを置いた指標であるが、この結果の限りではむしろ長打率に偏った計算をするべきなようだ。これについても範囲を拡大して再実験をしてみないことには解らないが、戦術として送りバントを多用する日本プロ野球ではMLBほど出塁率に信頼性がないのではないだろうか。原因は他にもあるだろうが、MLBでは相関性が高いとされているGPAは、こと日本においては判断の難しい指標になっているのは間違いなさそうだ。

 

最後に、今回最も相関性の高かったRCについて述べておく。

数値と結果を理論的に用いているだけにやはり相関係数は限りなく1に近い値となった。RCは打席数が多いほど高くなりやすいため、選手個々で比較するには打撃機会を均一化したRC27を用いるべきだが、これは非常に信頼性の高い指標であることが確認できた。また、同一チームであるならば、各選手がどれだけ攻撃面で貢献をしたか、という議論ではRCをそのまま用いればそれが信頼性の高い比較となるはずである。

 

 

野球はサッカーに比べて数字によるデータ分析が容易であり、現代のベースボールでは多種多様なデータ、指標が公開されている。データというのは第三者が一目で優劣が分かることが大事であるが、それを正確に判断するには指標の内容、測定方法の理解が不可欠である。今回の目的は正にその理解をすることだが、調べていく上で新たな発見をすることは少なくなかった。

私は理系分野先行ということもあってこのような数値比較は楽しくパソコンを叩けるのだが、数字の羅列を見るのが苦であるという人も勿論いると思う。だが野球に限らずあらゆるスポーツにおいて客観的な判別は大事なことだと思っているし、予備知識を持っていれば話の幅も広がると思う。

ただし、データや指標というものはあくまでも判断基準の1つとして扱うべきであって、数値で表せないもの、例えばスター性やリーダーシップなども全て含めて比較検討することが重要であることを忘れてはならない。

広告
カテゴリー: 未分類

16/17 冬移籍 予想&希望

私の勝手な感想まとめ
移籍記事まるでチェックしてないから信憑性ゼロなので

手術立会いの待ち時間が暇すぎる

【放出】
・オスカル

放出しちゃった方が本人クラブ両方の面で良いと思う、今のチームじゃちょっと使い道が難しすぎる
ユーベあたりが関心示してくれてんのかな、行き先はセリエ方面になりそう、多分プレミアより水が合うはず
まだまだトップレベルでやれる選手だと思ってるからもう1度花を咲かせてカナリアのユニフォームを着てほしい

・セスク

一応ジョーカー的な役割はあるようだけど、ベンチに置いとくには高給過ぎ
これまたセリエ方面から噂がある様だけど、給料払えるとこあるんすかね?レンタルとか?
同じく放出しちゃって良いと思う

・イヴァノビッチ

契約延長は無さそう、今シーズンでバイバイ
今のスカッドで冬に去られると地味ーに困ると思うんだよなー 移籍金も大した額にならないだろうから夏まで居てよ

・ミケル

知らん分からん
試合にすら出てないのに何を判断すれば良いのだ
取り敢えず暇なら高津マネーで日本においで?

・ベゴビッチ

同じくよう分からん
エドゥアルドが時点で放出かと思ってた
貴重なホームグロウン選手だけどどうすんだろうね?

【補強】

こっからはポジション別で
・GK

不要
クルトワとエドゥアルトで充分すぎる

・CB

左CB出来る人が欲しいな、左WBとセットで考えるべき
ズマ帰ってくれば他は大丈夫だと思う

・右WB

必要性薄
イヴァノビッチが退団になった場合は考える必要が

・左WB

必須かつ急務
以下募集要項
【必須事項】
左利き
アザールを介護出来る守備力
【優遇条件】
高さがある。CBを兼用出来ると直良し。
逆サイドまでサイドチェンジ出来るだけのキック力and精度。クロスの質も付随して。
プレミア経験有り
以上の条件を考慮して僕はアケ復帰を激推ししたいのだが(緊急時にはボランチまでこなせるのも〇)、そんな噂が出た直後にレンタル先でスタメン出場、結果まで出しやがったぞこの野郎
いや喜ばしい事なのだけど
ケネディ君とかも出番ないなら帰っておいで

・ボランチ

必須と言って良いかな
ブロゾビッチとか?ナインゴランとか?お話は出てるみたい
僕は数年前からナインゴラン欲しいずっと言ってたんだけど、彼もう28歳なのよねぇ移籍金いくら?4000万ユーロ?高くねぇ?
インテルが珍テルしてるからブロゾビッチの方がコスパ良さそう、あんまプレー見てないけど
でも絶賛してる人も多いから期待できるんじゃないの、知らん
贅沢を言えばアンカーでボールを動かせる選手が欲しいかな、それは来年の夏にも考えてくれれば

・シャドーストライカー

シャドーという言い方が適切なのかは微妙、他にハマる言い方が無いので勘弁
まぁ余裕があれば
優先度は低め

・フォワード

取った所でどうせ出場機会が無い

コスタ怪我したらバチュアイ使ってろ

以上!!

カテゴリー: 16/17, Premier League, 未分類

PL10節 Everton-WestHam

 

エバートン 2-0 ハマーズ

50′ ルカク
76′ バークリー
@グディソンパーク
次節の相手ということでエバートンの感想をいくつか。

myboard

守備の中心はバリーとグイエのダブルボランチ、この2人はとにかくサボらない。更にサイドバックのコールマンとオヴィエドもしつこく追いかけるタイプ。運動量の高い選手がコンパクトに守備ブロックを組むことで相手選手を囲い込み、ボールを奪い切る。中盤の選手が良い体勢でパスを出せず、エバートンのセンターバックがカバーリングに長けてこともあってハマーズのフォワード陣はボールをほとんど持たせてもらえなかった。
ルカクは守備を免除されていたが、トップ下の選手は状況に応じて守備に参加しており、特にリードした終盤ではワントップを残した全員が自陣で防壁を築いていた。

攻撃に関しては戦術ルカクといっても過言ではなく、2ボランチが共に守備的な選手ということもあるのだろう、クロスやカウンターがでルカクのフィジカルを活かす形がほとんどだった。
特に右サイドでは放り込むのが徹底されており、多少無理な形でも強引に上げてくる(実際この試合の1点目に繋がった)のだが、ここに突破力とクロス精度を両立したボラシーとコールマンが同居しているのが非常に面倒くさい。数年前のシャルケでは内田とファルファンが非常に良い縦関係を作っていたがそれに似ているかもしれない、2人のワンツーで右サイドを抉る。
トップ下のバークリーは前後左右に動き、空いたスペースにミララスが侵入してくるシーンもいくつかあったが、やはりルカク頼みなのは間違いない。

雑感としては良くも悪くも手強い中堅上位クラブのサッカー、といったところだろうか。前へ前へアグレッシブに挑む姿勢は相手にすると非常に厄介だと思う。セントメリーでの一戦も難しい試合だったが、次節もまた、簡単には勝たせてもらえなさそうである。

 

カテゴリー: 未分類

PL 第1節 vsウェストハム

2016/8/15(月)
スタンフォードブリッジ
主審アンソニーテイラー

チェルシー2-1ウエストハム
47  アザール(PK)
89  コスタ

77  コリンズ

 

 

pl1%e7%af%80%e3%80%80%e3%82%a6%e3%82%a8%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%8f%e3%83%a0
80分 ウィリアン→ペドロ、85分 オスカル→マティッチ・アザール→モーゼス

 

 

47分、アスピがエリア付近でインターセプト、そのまま持ち込むが倒されてPK。これをアザールが力強く蹴りこんで先制。

77分、CKのこぼれ球をコリンズに叩き込まれ同点。

89分、マティッチのロングフィードからバチュアイが頭で落とし、ジエゴコスタ。ペナルティーアークすぐ外からグラウンダーのシュートを打つとこれがゴール左隅に決まり勝ち越し。

ウェストハムは3日後にELプレーオフを控えてか、慎重な立ち上がり、パイエも後半途中まで温存。

組み立てはカンテとセンターバックでパス交換、インサイドハーフは外へ開く。

ハマーズが積極的にプレスをかけてこなかった事もあり終始圧倒、オスカルとマティッチの運動量にカンテの掃除で中盤を制圧。
組み立ては左サイドからが多め、カンテとテリーとマティッチ。アザールの突破力。
右サイドはオスカルが組み立てに仕掛けに千人力の働き、MOMをあげても良い。

ほぼぽぼ完勝であったが、コーナーからのワンチャンスで失点、終了間際にバタバタしたのは修正点。

最後にテリーがボールを持った時の形をいくつか

 

pl1%e7%af%80%e3%80%80%e3%82%a6%e3%82%a8%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%8f%e3%83%a0-%e5%b7%a6%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%81%8b%e3%82%89%e3%81%ae%e7%b5%84%e3%81%bf%e7%ab%8b%e3%81%a6

図1 テリーが左深い位置でボールを持った時のポジショング

pl1%e7%af%80%e3%80%80%e3%82%a6%e3%82%a8%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%8f%e3%83%a0-%e5%b7%a6%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%81%8b%e3%82%89%e5%8f%b3%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%81%b8%e3%81%ae%e7%b5%84

図2 テリーから右サイドへ(図1とは別のシーン)

カテゴリー: 16/17, CHELSEA, 選手まとめ

16/17 各ポジション別まとめ

【GK】
クルトワ+2枚、磐石
ベゴビッチは冬移籍の可能性あり
若手枠はコリンズ

【CB】
実績のある3人+ズマ、緊急時はブラナも。マルコス・アロンソは出来るのかな?
充実の面子だが年齢層高め、テリーの後継者問題
カップ戦ではトモリにも出番の可能性

【SB】
右ブラナ+アスピ、
左マルコス・アロンソ+アスピ
両サイド1.5人、怪我人発生時はアイナが両サイド可能
左右共に若干の不安あり
→高齢化ブラナ、プレミア初挑戦マルコスアロンソ、右サイドアスピ

【アンカー、ポランチ】
カンテの代役不在
ダブルボランチ時はカンテ+マティッチが基本か
ミケルとチャロバーは未知数、クローザーミケル復活は果たして

【インサイドハーフ】
オスカル、マティッチ、セスクの3人、調子や相手によってチョイス
オスカルの負担が大きい、攻守にバランス良いのがもう1人欲しい
カップ戦はチャロバー、復帰すればヒンケルも使って欲しいところ
ロフタスチークこの位置で使ってもらえるのだろうか

【アタッカー、2列目】
左アザール右ウィリアンで不動、ジョーカーにペドロモーゼスと、充分な選手層
コンテはトップ下を必要としなさそう
アザールべドロはシャドーストライカーとしても

【ストライカー】
コスタのワントップが多くなりそう
コスタのスペ体質、ジョーカーあるいはツートップでの起用など、バチュアイの出番も少なくないはず
3人目のFWとしてソランケはどこまでアピール出来るかな

【全体】
不安要素ゼロでは無いが優勝を狙える戦力は整った。トップ4はノルマだと思っていいかな。リーグに集中出来るのもプラス。

カテゴリー: 16/17, CHELSEA, 選手まとめ

16/17夏 移籍まとめ

獲得に費やした金額 約£1億2300万
放出して得た移籍金 約£3000万(+ローン費用)

【獲得】
エドゥアルド 33歳
ディナモザクレブ(クロアチア)より加入
フリー? 2017年まで

ダビドルイス 29歳
PSGより復帰
£3400万 2019年まで(1年延長OP付)

マルコス・アロンソ 25歳
フィオレンティーナより加入 過去にプレミア経験あり
£2300万 2021年まで

カンテ 25歳
レスターより加入。
£3200万 2021年まで

バチュアイ 22歳
マルセイユより加入
£3400万 2021年まで

【放出】
アメーリア
⇒未定 契約満了

ジロポジ
⇒サンダーランド £800万

マルコマリン
⇒オリンピアコス £260万

クアドラード
⇒ユベントス 3年ローン、実質退団
レンタル費用:€500万×3年、既定の試合数出場で買い取り義務(最大€2500万)、チームの成績次第で最大+€400万、らしい

サラー
⇒ローマ €2000万
去年のローン契約に買い取り義務が付随

ペリツァ
⇒ウディネーゼ £340万

レミー
⇒クリスタルパレス 買取OP付ローン、実質退団

パト
⇒コリンチャンズ レンタル満了

ファルカオ
⇒モナコ レンタル満了

カテゴリー: 16/17, CHELSEA, 選手まとめ

16/17 ローン選手まとめ

年齢は2016/9/6時点

GK
マテイ・デラチ 23歳 1992/08/20
⇒ムスクロン(エールディヴィジ)

ジャマル・ブラックマン 22歳 1993/10/27
⇒ウィカム(リーグ2,ENG4部)

ミッチェル・ビーニー 20歳 1995/10/03
⇒クロウリータウン(リーグ2,ENG4部)

ネイサン・バクスター 17歳 1998/11/08
⇒メトロポリタン・ポリス(イスミアンリーグ,ENG7部?)

DF
マイケル・ヘクター 24歳 1992/07/19
⇒フランクフルト(ブンデスリーガ)

トマス・カラス 23歳 1993/05/15
⇒フラム(チャンピオンシップ,ENG2部)

ケネス・オメルオ 22歳 1993/10/17
⇒アラニャスポル(トルコリーグ)

ウォレス 22歳 1994/05/01
⇒グレミオ(ブラジル)※2016年冬~2017年6月までの1年半ローン

ババ・ラーマン22歳 1994/07/02
⇒シャルケ04(ブンデスリーガ)

アレックス・デイヴィー 21歳 1994/11/24
⇒クロウリータウン(リーグ2,ENG4部)

ネイサン・アケ 21歳 1995/02/18
⇒ボーンマス(プレミアリーグ)

マット・ミアズガ 21歳 1995/07/19
⇒フィテッセ(エールディヴィジ)

ディオン・コンロイ 20歳 1995/12/11
⇒アルダーショットダウン(カンファレンス・ナショナル,ENG5部)

アンドレア・クリステンセン 20歳 1996/04/10
⇒ボルシアMG(ブンデスリーガ)※2015年夏~2017年6月までの2年ローン

ジェイク・クラーク=ソルター 18歳 1997/09/22
⇒ブリストル・ロヴァーズ(リーグ1,ENG3部)

MF
クリスティアン・クエヴァス 21歳 1995/04/02
⇒シント=トロイデンVV(ベルギーリーグ)

ルイス・ベイカー 21歳 1995/04/25
⇒フィテッセ(エールディヴィジ)

マリオ・パサリッチ 21歳 1995/02/09
⇒ACミラン(セリエA)

ジョーダン・ホートン 20歳 1995/11/09
⇒ドンキャスター・ロバーズ(リーグ2,ENG4部)

ケネディ 20歳 1996/0208
⇒ワトフォード(プレミアリーグ)

チャーリー・コルケット 20歳 1996/09/04
⇒ブリストル・ロヴァーズ(リーグ1,ENG3部)

ヴィクトリア・アングバン 19歳 1996/09/29
⇒グラナダ(ラ・リーガ)

チャーリー・ムソンダ 19歳 1996/10/15
⇒ベティス(ラ・リーガ)

ダニーロ・パンティッチ 19歳 1996/10/26
⇒エクセルシオール(エールディヴィジ)

ケイシー・パルマー 19歳 1996/11/09
⇒ハダースフィールド(チャンピオンシップ,ENG2部)

FW
クリスティアン・アツ 24歳 1992/01/10
⇒ニューカッスル(チャンピオンシップ,ENG2部)

パトリック・バンフォード 23歳 1993/09/05
⇒バーンリー(プレミアリーグ)

ルーカス・ピアゾン 22歳 1994/01/20
⇒フラム(チャンピオンシップ,ENG2部)

バートランド・トラオレ 21歳 1995/09/06
⇒アヤックス(エールディヴィジ)

イスラム・フェルス 20歳 1995/09/10
⇒ロイヤル・ムスクロン(ベルギーリーグ)

ナタン 20歳 1996/03/13
⇒フィテッセ(エールディヴィジ)

ジョアオ・ロドリゲス 20歳 1996/05/19
⇒インディペンデント・サンタフェ(コロンビア)

アレックス・キウォミャ 20歳 1996/05/20
⇒クルー・アレクサンドラ(リーグ2,ENG4部)

ジェレミー・ボガ 19歳 1997/01/03
⇒グラナダ(ラ・リーガ)

イザイア・ブラウン 19歳 1997/01/07
⇒ロザラム(チャンピオンシップ,ENG2部)

タミ―・エイブラハム 18歳 1997/10/02
⇒ブリストルシティ(チャンピオンシップ,ENG2部)

Other
フアン・クアドラード 28歳 1988/05/26
⇒ユーベ
ロイク・レミー 29歳 1987/01/02
⇒クリスタルパレス